[PR]【Amazon】新生活SALEファイナルがスタートしてますぞ(4/1 23:59まで)▶

ワイモバイルのMNP予約番号は即日発行できる?実際にやってみた

本ページにはプロモーションが含まれています。

ワイモバイルのMNP予約番号は即日発行できる?実際にやってみた キャリア

ワイモバイルから他社に乗り換えようと考えた時、避けて通れないのがこのMNP予約番号発行ですよね。

発行までにどれくらい時間がかかるか気になっている方も多いと思いますが、筆者の場合は即日、しかも3分かからないくらいで発行されました。

◆スマホからでも簡単に申し込めます

この記事では少々面倒くさい、ややこしい部分があるワイモバイルのMNP予約番号を発行手順を解説します。

スポンサーリンク

ワイモバイルでMNP予約番号を即日発行する方法

MNP予約番号を取得するまでの流れは以下の通りです。

MNP予約番号を取得するまでの流れ
  • STEP1
    専用ページからMy Y!mobileを開く
  • STEP2
    「MNP予約番号の発行」を選択
  • STEP3
    家族割引サービスの注意事項を読む
  • STEP4
    MNP予約に関する注意事項を読む
  • STEP5
    アンケートに協力
  • STEP6
    連絡先メールアドレスを入力
  • STEP7
    解約申し込みの確定
  • STEP8
    MNP予約番号の発行完了
とーや
とーや

ややこしいのが実は1番最初のところなんですが、それさえクリアすればすんなり手続きできます。

1. 専用ページからMy Y!mobileを開く

ワイモバイルのMNP予約番号発行は「My Y!mobile」と「電話」「ショップ」の3種類から選べますが、楽に即日発行したい方は「My Y!mobile」で行いましょう。

◆ここまで到達するのがわかりにくい

ワイモバイル公式サイトの「よくある質問」から上記画像のリンクを選択するか、こちらのリンクから直接My Y!mobileのMNP予約番号発行ページを開きましょう。

とーや
とーや

20時以降の手続きだと翌日扱いになってしまうので注意。

2. 「MNP予約番号の発行」を選択

My Y!mobileにログインできると自動的に「MNP予約番号発行のお手続き」というページが表示されます。

◆次へボタン連打開始

「MNP予約番号の発行」にチェックを入れて「次へ」をタップします。

3. 家族割引サービスの注意事項を読む

家族割を適用されている方は以下の注意事項が表示されます。

◆ここは家族とよく相談してから次へを押しましょう

問題がなければ「次へ」をタップします。

4. MNP予約に関する注意事項を読む

◆全5項目あります

解約のタイミング、MNP予約番号の有効期限、引き継ぎできる情報、SIMロック解除、プラン変更先取りプログラムに関する注意事項を読んだら「次へ」をタップ。

5. アンケートに協力

◆ここは全3項目

転出される理由・きっかけ、ご検討されている転出先、転出の予定時期を選択したら「次へ」をタップ。

6. 連絡先メールアドレスを入力

◆GmailでもOK

MNP予約番号を発行した時点では解約にならないのでご安心くださいませ。

7. 解約申し込みの確定

◆これで終了です

携帯電話番号、予約日、移転元事業者(ワイモバイル)、ご注意の4項目を再度確認して「申込」をタップしましょう。

8. MNP予約番号の発行完了

◆お疲れ様でした。

筆者の場合ですが土曜日の朝9時44分に手続きを開始し、9時46分にはMNP予約番号が発行されましたので所要時間は2分ほどでした。

とーや
とーや

20時までに申し込めば当日に発行されるのではないかと思います。

スポンサーリンク

ワイモバイルからの乗り換えにおすすめのキャリア3選

もう次の乗り換え先がほぼ確定している状態かもしれませんが、少しお時間くださいませ。

ワイモバイルからの乗り換えで特におすすめのキャリア3つをご紹介します。

1. 楽天モバイル

画像引用元:楽天モバイル

データ容量3GBまでなら月額1,080円(税込)から使える楽天モバイル。

データ無制限の使い放題でも月額3,278円(税込)という定額制で、ギガ数をたくさん使う人も安心の料金設定。

専用の電話アプリ「Rakuten Links」から電話をかければ無料で国内通話かけ放題という、これまでになかったサービスを次々と展開しています。

とーや
とーや

契約事務手数料0円、解約手数料0円という神仕様。招待キャンペーンで3,000ポイントゲットできます。

2. OCNモバイルONE

画像引用元:OCNモバイルONE

OCNモバイルONEはドコモ回線を利用している格安SIMで、最近ではドコモショップからでも申し込めるようになったキャリアです。

500MBで月額550円(税込)からコースが選べ、10GBでも月額1,760円という低価格でサービスを展開しています。

スマホ端末と回線のセット購入がめちゃくちゃお得で、MNP乗り換えなら1,000円未満で購入できる端末もあるほど。

とーや
とーや

時期によって割引となる端末が異なるので、最新の端末価格は公式サイトでご確認ください。

3. povo2.0

画像引用元:povo2.0

povo2.0(ポヴォ)はau回線のキャリアで、基本料金0円から使えるというとんでもないサービスを提供しています。

データトッピングという独自のプランがあり、利用者が自由にデータ容量を選択できるので非常に自由度が高いです。

トッピング名料金/回
データ使い放題(24時間)330円
データ追加1GB(7日間)390円
データ追加3GB(30日間)990円
データ追加20GB(30日間)2,700円
データ追加60GB(90日間)6,490円
データ追加150GB(180日間)12,980円
◆トッピング例

povo2.0に対応している機種をお持ちであれば検討してみる価値ありなキャリアです。

スポンサーリンク

まとめ:ワイモバイルのMNP予約番号は簡単!

ワイモバイルはWEBからでもMNP予約番号の発行手続きができます。

スマホさえあれば時間や場所に囚われずに手続きを進められるのは嬉しいところですね。(ショップで数時間待たされるのは辛い)

既に乗り換え先が決まっているかと思いますが、ぜひ本記事でおすすめしているキャリアも検討に入れていただければ幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました