[PR]【Amazon】2月1日〜4日までタイムセールらしいですぞ▶

結局いくらになる?楽天モバイルの料金プランをわかりやすく解説!

本ページにはプロモーションが含まれています。

キャリア

あちこちで見かける楽天モバイルのCMや広告。

最強だの無制限だの言われていますが「実際のところ、本当に安いの?使えるの?」と気になっている人も多いのではないでしょうか?

そこで本記事では楽天モバイルの料金プランである「最強プラン」の詳細はもちろん、通話料を含めて他社3キャリア(ahamo・povo2.0・LINEMO)との比較をご紹介します。

とーや
とーや

ぜひキャリア選びの参考にしてくださいませ。

楽天モバイルがおすすめなのはこんな人!
  • 毎月安定して3GB以上データを使う人
  • 5分では電話が終わらない人
  • 保留で待たされる時間イライラしたくない人
  • 毎月ちまちまデータ量を確認したくない人
  • データはあまり使わないけど通話料0円という素敵な環境を作りたい人

\[PR]【2月1日から】楽天モバイルがポイント増量!?/

月額1,078円から利用できる「楽天モバイル」の特設ページから申し込み後、簡単な2つの条件をクリアすると13,000ポイントがもらえます!

とーや
とーや

乗り換えの方は以下の公式サイト、もしくは招待キャンペーンのどちらでも13,000ポイント!新規の方は招待キャンペーンがお得ですよ!

楽天モバイルの料金プランは使った分だけ支払う「従量制」

画像引用元:楽天モバイル

楽天モバイルの料金は上記のようにひと月当たりに使ったデータ通信量によって金額が変わる従量制

使ったデータ通信量お支払い料金利用イメージ
0GB~3GB未満980円
税込1,078円
・普段は電話とメール(LINE)くらい
・たまにニュースサイトが見れればOK
3GB~20GB未満1,980円
税込2,178円
・通勤、通学などの移動中にSNSを利用
・たまにYoutubeなどの動画を見る
20GB以上2,980円
税込3,278円
・データ容量を気にせず利用
引用:楽天モバイル

ただ一般的な従量制と違って楽天モバイルは上限が2,980円(税込3,278円)と決まっているので、データ通信し過ぎても安心なのが嬉しいところですね。

このプランに加えて通話料やオプションなどの費用がかかってきますが、基本は上記いずれかの料金で済むと考えてもらって大丈夫です。(理由は以下)

楽天モバイルは専用アプリの利用で国内通話が無料

画像引用元:楽天モバイル

楽天モバイルは「Rakuten Link」という専用アプリから電話をすると国内通話料金がかかりません。

残念ながらナビダイヤル(0570)など一部の電話番号は無料の対象外となってしまいますが、ご家族やご友人など大半の人へなら通話料0円で利用できます。

またAndroid端末だけですが、電話番号を使ったSMS(ショートメール)も0円で送受信し放題です。

とーや
とーや

ちなみにアプリを利用しない場合の通話料は30秒22円。ナビダイヤルはマジで廃止して欲しいぜ。

楽天モバイルとその他3キャリアの料金を比較

ドコモの「ahamo」やKDDIの「povo2.0」、ソフトバンクの「LINEMO」など大手キャリアも低価格プランを打ち出していますが、それらと楽天モバイルを比較しています。

1. データ通信量別で比較

データ通信量楽天モバイルahamo
(ドコモ)
povo2.0
(au)
LINEMO
(ソフトバンク)
1GB980円
(税込1,078円)
2,700円
(税込2,970円)
355円/7日間
(税込390円)
ミニプラン:900円
(税込990円)
※LINEMOはギガノーカウント
3GB900円/30日間
(税込990円)
20GB1,980円
(税込2,178円)
2,455円/30日間
(税込2,700円)
スマホプラン:2,480円
(税込2,728円)
※LINEMOはギガノーカウント
60GB2,980円
(税込3,278円)
大盛りオプション
4,500円
(4,950円)
5,900円/90日間
(税込6,490円)
100GB11,800円/180日間
(税込12,980円)
150GB
無制限300円/24時間
(税込330円)
データ容量
消費後の速度
データ高速無制限最大1Mbps最大128kbpsミニプラン:最大300kbps
スマホプラン:最大1Mbps

データ通信量がひと月当たり3GBまでならpovo2.0とLINEMOのミニプランが900円(税込990円)と、楽天モバイルより若干安い料金プランとなっています。

ただpovo2.0とLINEMOは「5分かけ放題」もしくは「かけ放題」のオプションに加入しないと通話料がお得にならないというデメリットがあります。

20GB以上ならどのプランよりも楽天モバイルがお得という結果に。

2. 国内通話・SMS料金で比較

項目楽天モバイルahamo
(ドコモ)
povo2.0
(au)
LINEMO
(ソフトバンク)
国内通話かけ放題
※Rakuten Linkアプリ利用


15分かけ放題(SMSし放題込み)
1,000円(税込1,100円)/月
※OS標準の電話アプリ
5分かけ放題
(追加料金無し)
5分かけ放題
500円(税込550円)/月
5分かけ放題
500円(税込550円)/月
かけ放題オプション
+1,000円(税込1,100円)/月
かけ放題オプション
+1,500円(税込1,100円)/月
かけ放題オプション
+1,500円(税込1,100円)/月
LINE同士の通話は
かけ放題
国内SMSSMSし放題
※Rakuten Linkアプリ利用
※Android端末のみ


SMSし放題(15分かけ放題込み)
1,000円(税込1,100円)/月
※OS標準の電話アプリ
70文字(全角)まで
3円(税込)~
70文字(全角)まで
3.3円(税込)~
70文字(全角)まで
3.3円(税込)~
メールアドレス

楽天モバイルでは「Rakuten Link」アプリを使えばナビダイヤルなど一部の電話番号を除いて通話料が無料、更にSMSし放題(iOSの場合は相手もRakuten Linkを使っていれば無料)。

一方で他社3キャリアでは「5分かけ放題」もしくは「かけ放題オプション」に入らなければ30秒ごとに22円の通話料がかかります。(ahamoだけ標準で5分かけ放題ついていますが)

しかも憎きナビダイヤルは有料のかけ放題オプションに加入しても結局お金を取られるんですよね。

と、言うわけで通話料も楽天モバイルが圧倒的にお得と言える結果になりました。

まとめ:条件とか制限とかうんざり!って人は楽天モバイルがおすすめ

冒頭でもチラッと楽天モバイルがおすすめなのはこんな人~とお伝えしましたが、これまで当たり前のようにあった割引を受けるための条件や、ここまでしか使えませんっていう制限にうんざりしていた人は本当に楽天モバイルがおすすめです。

楽天モバイルがおすすめなのはこんな人!
  • 毎月安定して3GB以上データを使う人 ▶20GBまでなら楽天モバイルが安い
  • 5分では電話が終わらない人 ▶どれだけかけても通話料0円
  • 保留で待たされる時間イライラしたくない人 ▶通話料0円なので余裕で待てる
  • 毎月ちまちまデータ量を確認したくない人 ▶どれだけ使っても上限2,980円(税込3,278円)
  • データはあまり使わないけど通話料0円という素敵な環境を作りたい人 ▶筆者はメインを楽天に、サブでLINEMOを使ってます。

しかも楽天モバイルは乗り換え時の事務手数料やオプションの強制加入はありませんし、解約金もかかりません。

また現在はキャンペーンで6,000円相当の楽天ポイントがもらえるので、お試しもしやすいですよ。

当ブログでは楽天モバイルについての記事を多数書いておりますので、そちらもぜひ参考にしてくださいね。

とーや
とーや

現在開催中のキャンペーンの詳細については楽天モバイル公式サイトをご覧くださいませ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました